さくらは神様の依り代

 
さくらの「さ」は田圃の神様という意味が、また、さくらの「くら」は依り代(神霊が依りつくもの)という意味があります。

つまり、さくらは田の神様が下りてくる来る場所という意味なのです。稲作が始まる春になると、田の神様が下りてくる、すると、枝には美しいさくらの花が咲くと考えられていたようです。

 古くから日本では、神様と共に食事する「供食」の慣わしがあります。春になると人々は神の依り代であるさくらの木の下で豊作を祈り、飲んだり、歌ったりしました。こうして、人々は満開のさくらに稲の豊作を祈り、花の散り方で豊凶を占ったといいます。

 神への祈りだけでなく、これから始まる一年間の稲作を前に、人々の志気を高め、団結を図る実際的な意味合いもあったのだと思われます。